RSS

保護中: 野尻泰煌:才能がない

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

 
コメントを読むにはパスワードを入力してください。

投稿者: : 2013年1月22日 投稿先 精神, 逃げ, 運び, 野尻泰煌, 自己防衛, 芸術, 観念, 執着, 意識, 手練手管, 指導

 

タグ: , , , ,

野尻茹園:人は大きな石には転ばないもの

人は大きな石には転ばないもの。
でも、小さな石には躓くものよ。

野尻茹園>野尻泰煌>(私)
———————————————————-

Read the rest of this entry »

 
コメントする

投稿者: : 2013年1月7日 投稿先 現代性, 生活, 精神, 運び, 野尻茹園, 時代性

 

タグ: , ,

保護中: 野尻泰煌:前兆はむしろ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

 
コメントを読むにはパスワードを入力してください。

投稿者: : 2013年1月7日 投稿先 生活, 運び, 野尻泰煌, 意識

 

タグ: , , ,

野尻の父:この子にしてこの親あり

「才能がなかったらやらせなかったよ。
学校も辞めさせて仕事を探したろうね。
続かないながらも何か自分に合う仕事はあるだろうから。
それでも駄目なら、自分が死ぬまで面倒みるよ。親だもん当然だよ」

野尻の父>(私)
—————————————————————-

Read the rest of this entry »

 
コメントする

投稿者: : 2012年12月10日 投稿先

 

タグ: , , , , ,

保護中: 野尻泰煌:度量

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

 
コメントを読むにはパスワードを入力してください。

投稿者: : 2012年12月7日 投稿先 野尻泰煌, 指導

 

タグ: , , , ,

保護中: 野尻泰煌:結果はどうでもいい

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

 
コメントを読むにはパスワードを入力してください。

投稿者: : 2012年12月7日 投稿先 疲弊, 精神, 野尻泰煌, 執着, 感動の再現

 

タグ: , , ,

保護中: 野尻泰煌:合わせずに合っていく

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

 
コメントを読むにはパスワードを入力してください。

投稿者: : 2012年12月1日 投稿先 生活, 疲弊, 精神, 野尻泰煌, 人間関係

 

子供の言葉:真っ赤になった

こうしたご時世になると人様の子供の言葉を交わす機会はとんと減る。
ある意味では仕方がない面もあるが、
これは互いの成長を妨げる要因にもなっていると思う。寂しい時代だ。
子供たちの大人への目線は怪訝と警戒。
大人たちは冤罪の回避行動、面倒に巻き込まれたくない。

そんな中、たまたま通りかかった子が私を誰かと勘違いしたのだろう声をかけてきた。
年の頃は10歳ぐらいだろうか。元気一杯の男の子のようだ。
その日は今年一番の寒さで凍えるようだった。
でも、そこはさすが男の子。
オジサンからすれば震え上がるような姿をしている。

Read the rest of this entry »

 

タグ: , , , , , , , , ,

子供の言葉:相手への言葉、自分の心

甥がまだ小さい時。それこそ5歳ぐらいでしょうか。

両親が仕事で出かけており代打で留守を守ってました。
両方いないということは滅多にない親でした。
二人でケタケタと陽気に遊んでいると、近所で赤ちゃんが泣いています。
私は泣き声の雰囲気から心配はいらかないかと思い遊びに耽っておりますと、

甥「赤ちゃんが泣いている!」と手を止め、泣き声の方を向き、とてもとても悲しそうな顔をしています。
私「どうして泣いているんだろうね」とたずねると、
甥「お父さんとお母さんがいないんだよ・・・だから寂しいんだ」と応えました。

その横顔のあまりの寂しさに、見た瞬間こっちが泣きそうになりながら、ふと思うに至ります。

私「そうだね、○○も寂しいかい?」
すると自分の言ったことの意味に気づいたのか、ハッとした表情を私に向け言います。
甥「あ!僕はおじさんがいるから寂しくないよ。楽しい!でも・・あの赤ちゃんにはおじさんみたいな人がいないんだよ・・・」

幼い子は一分一秒でも長く親と一緒でいたいんだな。
そんなことを思いながら、その後も遊んでいました。

少しの間、遊びながらも彼は赤ちゃんを気にしていたようです。
気もそぞろといった具合で、楽しさに浸りたい反面、気になる。
そのような感じでした。

親らしき声が聞こえます。
すると彼は再び赤ちゃんの方を向きました。
私は手を休めることなく「お母さんいたみたいだね」と言うと、

甥「良かったねー!いたんだ!」

と我がことのように歓び、安心したのか溢れんばかりの笑顔。
次の瞬間、
もうそのことは頭にないようで、我を忘れて遊びに夢中になっていました。

 
 

タグ: , ,

保護中: 野尻泰煌:気掛かり

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

 
コメントを読むにはパスワードを入力してください。

投稿者: : 2012年11月22日 投稿先 生活, 疲弊, 精神, 野尻泰煌, 自己防衛, 妄想, 意識, 時代性

 

タグ: , , , , , ,